プロジェクトを進める中で、
管理するべきものがたくさん出てきます。

バグが発生したらそれを管理しないといけないし、
メンバーのスケジュール管理も必要ですし。

プロジェクト管理ツールというものを使うとそれを簡単にすることができるよ
という事でRedmineという管理ツールを入れてみました。

公式サイトはこちらです

http://redmine.jp/

Redmineはオープンソースのプロジェクト管理ツール

このスライドを見てもらえればわかりますが、
Excelを使って管理すると発生する問題もこのRedmineでかいけつできます。

Redmine自体はRubyでできていて、
自分でプラグインを作成して機能を拡張することもできます。

Rubyを使えればの話ですが。。。

プロジェクトを進める中で発生する様々な課題やタスクを「チケット」として登録することができます。
このチケットを元にRedmineではプロジェクトを管理していきます。

Redmineに登録するチケットには、

  • トラッカ(チケットの分類)
  • 題名
  • 内容
  • ステータス(チケットの状態)
  • 担当者
  • 期限

などを設定することができます。

これを上手に設定すると、
タスクごとのガントチャートが表示されます。

その他、開発メンバーで共有したいことは、
Wikiやフォーラムの機能を使って行う事ができます。

つまり、これひとつでプロジェクトを全部管理することができるのです!!
Redmine素晴らしい♪

詳しい内容はこちらを御覧ください。

【送料無料】Redmine超入門 [ 飯田治行 ]

【送料無料】Redmine超入門 [ 飯田治行 ]
価格:1,890円(税込、送料込)