VB6からgoogle Chromeを起動させる方法

VB6でIEを呼び出す場合はいくらでもサンプルがあるのですが、
google Chromeを呼びださうサンプルが少なかったのでメモしておきます。

IE

その前に、IEを呼び出す場合

※urlはIEに表示させるURLの文字列

Dim ie As Variant
Set ie = CreateObject(“InternetExplorer.Application”)
ie.navigate2 (url)
ie.Visible = True

これでIEを起動させることができます。

Google_Chrome

google Chromeを起動させるには

※urlはChromeに表示させるURLの文字列

Dim GC as Variant
Set GC = CreateObject(“WScript.Shell”)
GC.Run (“chrome.exe -url ” & url)

これでgoogle Chromeを起動させることができます。

ちなみに、基本的google Chromeを起動させて、
ダメだった時にIEを起動するには

On Error GoTo ERR_Execute

Dim GC as Variant
Set GC = CreateObject(“WScript.Shell”)
GC.Run (“chrome.exe -url ” & url)
Exit Sub

ERR_Execute:

Dim ie As Variant
Set ie = CreateObject(“InternetExplorer.Application”)
ie.navigate2 (url)
ie.Visible = True

という感じにします。